夢を継続して考察する効果(通信講座でやっていること)


夢を継続して考察する効果(通信講座でやっていること)_b0432959_16171057.jpg

天の鳥船庵夢療法通信講座で何をしているか、夢で何が解るかをお話しします。
この講座は通信講座というように往復メールだけで成り立たせています。
(オプションとしてオープンクラス参加1回は付いていますが)
3月10日に天の鳥船庵夢療法講座第4期が終わりました。
ここにこの講座を終えるにあたって添削の総括者として受講生に送った、
「送る言葉」をお見せします。
1年3ヶ月毎月夢を紐解くことで受講生がどんな経験をされたのか、
この文章で少しはお解りいただけるでしょう。
受講生それぞれは特有の課題を持っています。 
そこが如実に解ります。
この講座の責任者として、
添削講師3人共々夢からのメッセージを読み取ることに専心すればするほど、
夢の真髄の気高さと現実性に驚きます。
そして何より夢の厳しい指摘に耐え、
脱落することなく修了を迎えられた受講生に感嘆します。
ではお読みください。

夢を継続して考察する効果(通信講座でやっていること)_b0432959_16165676.jpg

Aさん。「自分の目標というより他人事。その証拠に、講座が進むにつれ、自分の中に理解し難い葛藤や抵抗感が生じ、ほとんどの期間、苦悩した」と正直に胸の内を知らせてくれました。また、以前に「夢には嘘がつけない」と書かれ、この文章もAさんらしく、苦悶の中にいても潔い言葉で心中を知らせてくれました。講座の回が進むに連れ、講師の前で仮面を回毎に剥がしていったAさん。前進に向けた覚悟が仮面を必要としなくなったと講師の私は受け取っています。Aさんの文章「巣立ちの近い娘に囚われていた開始当初、その後は夫や親との関係、仕事への意識、向き合い方、とまさに盛りだくさんの全てに変化を感じられたのは、ちょうど30年前の講座以来の経験であった。目標同様、家族とのやりとりや距離感をまずは言葉や行動にしたことが大きかったと思う。」は、30年という長くて短い講師との関係期間を超えて、一貫して流れるAさんのエネルギーの特色を感じています。
ライフシールの要素は、本、鳥居、犬、スマートフォン。それらを地球の上に乗せてライフシールとし、そこに書いた「Our P(a)lace 私たちの場所(城)」をピンクのバックで仕上げたのは、とても女性的です。日本の女性だけがライフシールに鳥居を選びます。ここには生きるさわやかな覚悟と、これからを生きる女性の気概を感じます。次回は力を抜いてこの講座を楽しまれてください。元々は赤いマンダラ絵が示すような情熱の人だからです。

Bさん。全編が死の行程となっています。私たちは行動することに目を奪われがちですが、成長には死の行程を丁寧に体験していくことが大切です。まずこの先役に立たない側面から自分を切り離すことで死を迎えます。次にそこにエネルギーを注がないこと。つまり死を受け入れ、その側面が動き回らないことを確認し、3番目に腐敗の行程に入り、4番目には次のステージのための土壌作りに取り掛かります。最後にその土壌に恵みの雨を降らせて、種を蒔く支度が整います。初回夢を死に支度と理解するのは難しいかもしれませんが、絵自体が再生を示唆する楕円の絵になっています。以下風景構成法の絵とマンダラ絵とライフシールで死の行程を丁寧に辿られました。今後はこれまでと違った新生Bさんを産み出されることでしょう。これが変則的に2回夢となっていますが、これは時空間のない夢世界から時系列に住むBさんへの気遣いです。3回夢以降は死の原因を知らされています。ここをBさんは、「先に進むには、やり残したことに対する理解がわかり、夢の伴走がなければ気づかぬことも多かったです。私が早く進んだので、子どもたちも否応なく進んだと思います。」と書いてくれました。
ライフシールの4要素「海、家、太陽、十字架」は、死と再生そのもの。この講座の1年3ヶ月と養成講座のクライアント役4ヶ月を通して、Bさんは未来に向かうために貴重な「死の体験」をされたのだと思います。

Cさん。ほぼ全ての夢が怒っている夢でしたが、もしこの怒りの夢がなかったら、Cさんに今の諦観は生まれなかったでしょう。「目立ってはいけない、のびのびしてはいけない、という変なこだわりのようなものがありました。そのようなことが、きっちり夢から提示さてきたことに何度か驚き、そこを変えていく必要がある、と認識できてよかったです。実はこの講座期間中、自分の足のサイズを見直して大きなものに変えたりしています。今まで我慢していたようでした。」という実体験の知らせは心強いです。この講座にお誘いして本当に良かったと思います。夢の中で感情を感じ切るとヒーリングが起きます。特に夢の中で怒りの感情を感じ切れば、自分を誤魔化したり、外にぶつけたりと、怒りの感情に振り回されることなく、怒りの中にいながら、その気持ち良さと怒りの持つ創造性に気付かされ、怒りはコントロール可能になります。この真実を教えるために夢は怒るCさんを登場させて、自分の中に確たるエネルギーが存在することを教えてくれました。その気付きが自己受容を生みました。これがマンダラ絵を描いた時の感想「とくにマンダラ絵を描いているときの感覚が素晴らしく『あー楽しかった』と思わず口に出てきました。」に繋がるのでしょう。
ライフシールの要素、「山、れんげ、川、鳥居、太陽」は、期せずして女性の寛容性と受容性を表しています。Cさんのこの女性的感性を大切にしてください。

Dさん。12回夢の「サル」に出会ったことで、Dさんの夢による自己探究はひとつのサイクルを終えられました。10年以上の旅だったでしょうか。さぞ達成感があると思います。その達成感が「地球へ」というハッピーエンド物語を創作させ、自己認識に続いて自己受容を可能にしたのでしょう。これは、これまでの価値観を認め、今の地球の現状を受け入れられたので、視点を宇宙に飛ばすことができた証です。この経緯があったからこそ魂の故郷を他星に求めることができたのだとも思います。だからと言って今生のあれこれが片付いた訳ではありません。けれど心の中に余裕が生まれたのは確かです。エニアグラムタイプ6には独特のユーモアがあります。いままでそんなCさんに出会ったことはないけれど、これからは孫悟空並みのみんなをクスッと笑わせるDさんに出会えるのではないかと思いました。それ程この講座でCさんは大きく変化されました。ライフシールのパーマン2号と孫悟空の合体サルは、自身を地球に住む人間という枠を超えた宇宙的存在と認めた表れだと思います。「雲に乗ったサルがちょっと間違えて湖に落ちて、湖に住んでいる大きな魚に食べられたとしても知恵と勇気をもっているから大丈夫。」というくだりは、ピノキオの話に通じて、この先また自己探究に苦労しても出口は見つかると肚を決めたからでしょう。これからを楽しんでください。

Eさん。「講座のまとめの時期となり、『目標自体が変わりましたか』との問いかけに、達成のみが求める答えではなかったと、自分で自身を束縛していることに気が付きました。」という文章を拝見し安堵しました。Eさんの夢には常に人が登場します。これはEさんの愛の証です。しかしそれが翻ってEさんの心を騒がす因となり、自身を束縛する要因ともなっています。夢は、「この世の中心は自分」「この世は自分のためにある」と教えています。宇宙は自分の成長のためだけの存在です。それを教えたくて9回夢がやってきてくれました。9回夢は「自分を労る方法に工夫をしなさい」と、身体が教えてくれる塩梅に注目することを教えてくれました。「他」を優先するのではなく、「自分」を中心に据えること。遠慮も斟酌もなく自分の要求に耳傾けること。それが本当の平和を手にする手段だとEさんの一連の夢は教えています。
ライフシールは、「天女、大木、赤い橋、太陽、勾玉」が要素です。これらはそうしたEさんが本来望む世界に誘っています。慎重なEさんにとって赤い橋を渡るには硬い決心が要るでしょう。しかし天女のように心軽ければ、この世に生まれた目的(勾玉・大木)は果たせます。Eさんが創ったAさんのためのハッピーエンド物語は、Aさんを借りてEさんの願いを成就しました。Dさんが創ってくれた物語もEさんがこの世に生まれた願いそのものです。この繋がりを楽しみましょう。

この講座に関わって下さった全ての関係者にお礼を申し上げます。この講座を成り立たせて下さってありがとうございました。この記録は後世に残る貴重な遺産と思います。

尚、通信講座5期は募集を終了しています。
通信講座にご興味ある方は次回来年の7月から始まる講座をお考えください。
それに先立ちオープンクラスを体験されることをお勧めします。

夢を継続して考察する効果(通信講座でやっていること)_b0432959_16191273.jpg




by dream-bannai | 2024-03-19 16:20 | 夢解釈と活用法 | Comments(0)

夢療法とは、自分の夢から自分へのメッセージをひも解き、心の成長を目的に、それを日々に生かしていく療法です。 夢のメッセージをボディ、マインド、スピリットの三方面で受け取り、それを自分の現状に役立てる療法です。


by amanotorifunean
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31